作品を人に見せるという事

壊滅的に暇なため、本日3つ目の投稿になります

 

小言っていうか愚痴を垂れ流し

というか先日思ったことをちょっとまとめていたかったので

このスペースを使います

 

イラストレーターになりたい人に対して話したい事

 

というくくりで日記を書きますが

作品は小説であろうと、漫画であろうと、絵画であろうと

誰かに見せて、初めて評価というものをもらえると思っています

 

(自分のうちに秘めたものを強制的に見せろというのではなく

あくまで、私が発信をしたいという希望があるため

こういう言い方をしているのであしからず。あくまで見解です)

 

例えばそこに私は、イラストが描けます

小説を書いています、写真を撮るのがうまいです

 

という特技を持っていたとする。自己紹介したとする。

 

そこで言われるのが、「どんな作品なんですか?」「見せてください」

 

そこで「私の作品です!見てください!」と提出する

 

これはまだいいパターン

 

「申し訳ありません、作品は保存してないです」

「恥ずかしいから見せたくありません」

 

となると、なんで上記発言をしたってなるわけです

 

恥ずかしくてもさあ、堂々と見せようよ、、、

個性なんてものは各個人あるんだから、、、

あとどっかでポートリフォ作っておこうよ、、、

 

とかいう私は学生のころに描いた制作物は残ってないですがw

捨ててしまいました;

 

今更悔やんでもしようがないため3~4年ほどのものは

ネットで公開しています。

 

んで、イラストといってもいろいろな仕事があるとは思いますが

そういう仕事の中に入りたいと希望したとき

何を見せて、どういう仕事が振り分けられるのかの

判断が下されると思っています

 

あと、最近の人はいろいろと上手い!上達も早い、、、

(負けてられないと、、、)

 

そこで解放されたコミュニティなりなんなりあるんだから

作品バシバシ投稿してもいいんじゃないかなと感じています

数字つけられるのが嫌とか、ネットにあげるなんてできないとか言わないでさ

 

評価されないときは凹むけどそれをばねにしたらいいじゃんね

 

友達しかいないコミュを抜け出して、その先に広がるのは

はてしない世界があると思うんですよ

 

pixivや海外サイトどっかしらで受けるものはあると思う

まずはやってみないとわからない

一歩先の勇気なんじゃないかな

 

恥ずかしがらないで!ナチュラルな気持ちで!

誰かに見せてもいいんじゃないと、感じてしまいました

 

個人的に私は才能<努力だと思ってる

努力信望者です

 

まだまだ若いと思ってる末端おばちゃんの戯言でした

 

思ったことはある程度今日の記事で書いたか、、、

なわけで

 

おわり