斎藤一人さんの本を読んで

おはようございます。

昨日本を一冊読破して、眼鏡を新調してきました

あと靴も買ったか

 

そこで話すのは若干ためらわれるんですが

斎藤一人さん(これ言いたくないけど、発刊部数上位だからいいか)

の著書を読んだわけです

自己啓発というジャンルですが、胡散臭いので私自身は大分それから

距離をとってたのですが、youtubeにあげられていた話の内容が面白く

そこから、購入に至り現在二冊ほど読みました

 

まあ、宗教的というか突飛なのであんまり人には進められないし

この手の物は読んでるところもあまり人には見られたくはない

んでまあ、話のいいところだけを掻い摘んでいるわけです

 

で、そこで納得したのが仕事で成果を収める人は

辛い思いをしていたのではなく、楽しんでその作業をしていた

寝食忘れて没頭していった先に成功がある

とのような事

たしかに楽しいと、無我夢中で作業するなと個人的な経験から思いました

 

そして次に、同じ失敗を繰り返してはだめ

何度も繰り返して正解にたどり着けばいい、だけど同じことをやって

同じ失敗をするのではない

 

これ、作業は段取りを組んで行い

一回目よりもミスが少なく、より早く、正確に進められるようにならなきゃいけない

何度もミスしてたら怒られるっていうか信頼無くなるし

的なことを考えました

 

ある程度はしょって書いてますが、精神論的には有意義じゃないかと

これ以外に内容はあるのですが、あくまで過労死に至るまで

仕事をしなさいというわけでは無いです

 

寝食忘れたとしても、あくまでその先のことも考えて

休む時は休むという基本的なことが土台としてあるため

決して暴論ではないと書いておきます

 

二冊読んで思ったのがこれは、たぶん、同じ経験談

何冊も同じように書いてないかなと

個人的に新刊が出たら買うかもしれないけど、内容がかぶりそう

 

基本的に方針はぶれないため、安心しては読めるんですが

あまりに強烈な(神、宇宙神)ことを切り口として書いてますので

はまる人ははまるし、拒否感を持つ人は受け入れられないだろう

 

と感じました。

 

というわけで本日こちらは雨です

まあぼちぼち行くかな

 

おわり