運というもの イラスト

おはようございます、ちょっとした思いを書きます

 

私はたまたまイラストを描く仕事にありつけました

見習いではありますが、今の状況は幸福だと感じています

最初は、イラストをかけるという事を伏せて面接に臨みました

(イラスト好きとは話したかな)

 

採用されたあと、何か月か経った時、何とはなしにpixivを上司や先輩に見せて

「イラスト描く業務いこうか!」

と言われました

 

野心として面接を受けた時にそっち方面に行けないかと期待はしてました

イラストの業務も含まれていたため、あわよくばと思ったわけです

そしてどうにかこうにかイラスト方面に行けて

現在毎日模写やらなんやら、ペンを動かしています

 

昨日か、面談がありましてフリーで仕事をするときに必要なことはなんだと、

話をする機会がありました

 

そこで上司が言っていたのが

「営業力、人脈、技術」

 

そこでさらに

「運」

 

という感じです

 

今、イラストを描ける人は非常に多いと思う

上手い人も、技術がある人もたくさんいる

 

(まあ。昔学校で聞いた話は

デジタルだけじゃなく、アナログ方面でも作れないと

先輩技術者にバカにされる、見くびられると、言っていましたが)

 

デジタルは私も使っているため、偏見はないです

だけども基礎的なことができていないと、

ちょっとPCに頼り過ぎかなと思いますが

 

話がそれましたが、

 

 

何が言いたいかというと、絵描きになりたいと思ったときは

運を味方につけなければならない

そこで確立を挙げる手段というのがネット公開だったり

持ち込みだったりするわけです

あとは、同職種の別部署を狙い、入ってやってみるか

 

前から話してはいますが

イラストには様々なジャンルがあり求めれれる方向

目指す場所、また自分には何ができるかを把握する必要があります

 

今現在そういう分野に就職できた言う絵描きさんたちは

それ幸せと思い、全力で仕事をしてください

すごい確率でたどり着けた道なのだから

 

年齢はどうなんだろうな?

歳が上がるにつれてできるようになることをあると思います

 

そしてぶっちゃけ、

イラストレーターなんてだれでもなのれるからなw

 

私も適当ぶちかましているのであまり鵜呑みにしないでくださいw

それでは良き、絵描きライフを!

 

おわり